薬剤を使って腰痛を解消する方法

『腰の痛み』タイトル
腰痛の症状から原因を調べる
腰痛症状フローチャート・チェックリスト
腰痛フローチャート
腰痛の原因・病名一覧 腰によくない要因・悪い習慣
サブメニューに移動
イラスト図解:腰背部の構造・骨格・筋肉

腰痛TOP > 腰の痛みの治療法 > 薬物療法

薬を用いる治療法『薬物療法』

薬物療法とは、薬剤のもつ効果・効能によって、痛みなどの症状の改善を図る治療法です。
使用される薬剤の種類や形状は様々で、腰痛の原因や症状に応じて効果的な薬を選びます。
ここでは薬の種類ごとに、主な成分、形状、具体的な効果、どんな症状に有効か、長所と短所、副作用などを解説します。


スポンサーリンク

1.薬の種類

腰痛の治療で処方される主な薬剤について、種類ごとの特徴を解説します。

1-1.消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)

「炎症」とは
体が何らかの刺激を受けた時に、体を守るために起きる自然な防御反応です。血管が広がることで、患部が赤く腫れあがったり、熱を帯びたり、ズキズキ傷んだり、調子が悪くなったりします。体に生じる痛みの多くは、この炎症が原因です。

「消炎鎮痛剤(抗炎症薬)」とは、名前のとおり炎症を鎮める効果のある薬です。熱を下げる解熱効果を持つもあります。
一般に痛み止めの薬というと、この消炎鎮痛剤のことを指します。市販の薬ではバファリンなどが有名です。腰痛で病院を受診した際に、最初に処方されることが多い薬です。

鎮痛剤は主に、"現在生じている痛み"を、"一時的に"和らげたり解消したりする目的で投与されます。
炎症を鎮めることはできても、炎症の原因となっているものまで治す効果はありません。筋肉疲労などが原因であれば、痛みが和らいでいる間に筋肉の損傷が自然に回復するため、腰痛も完治します。しかし、骨の障害や内臓の病気など、炎症の原因が自然に治らないケースでは、鎮痛剤の投与はあくまで痛みの一時しのぎとして行われます。原因が取り除かれない限り、炎症は何度も再発します。

どんな症状に効果的?

腰の筋肉痛や椎間板ヘルニアなど、筋肉・骨・椎間板などの損傷が原因の場合に有効です。鎮痛効果が現れれば、そうした組織の損傷が腰痛の原因であることがわかります。しかし神経の損傷やストレスによる痛みには効果がありあせん。消炎鎮痛薬を一定期間使用しても痛みが治まらないときは、腰の損傷以外に原因があると考えて薬を変えていく必要があります。

成分

副作用が強めのステロイドを含まない、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が主に使われます。成分はセレコックス、ロキソニン、インドメタシン、ボルタレンなどです。その他、解熱作用もあるアセトアミフェン、オピオイド系の鎮痛薬(モルヒネなどの麻薬)、痛みを伝える神経の活動を抑える鎮痛薬ノイロトロピンなどがあります。

形状

鎮痛剤の形状・内服液や外用薬

  1. 「内服薬(飲み薬)や座薬」
    薬が腸から吸収され、痛みを抑える効果は最も大きく、特に「急な痛み」によく効きます。しかし胃や肝臓、腎臓などの臓器にかかる負担も大きめで、胃痛、胸焼け、食欲不振などの副作用が出やすいです。痛みや炎症が出ている時だけ飲むもので、心配だから飲んでおくといった使い方はお勧めできません。

  2. 「外用薬」
    湿布(シップ)、軟膏、クリーム、ローションなどがあり、薬が皮膚から浸透して血管の中に入ります。内服薬ほど血管の中に入っていかないため痛みを抑える効果は劣りますが、反面、副作用は小さめで皮膚のかぶれなどが主です。それでも使いすぎると胃腸障害を起こすケースもあります。
    シップは患部を温めたり冷やす効果もあります。温シップと冷シップは基本的にどちらを使ってもかまいません。どちらも筋肉の温度まで変える効果はあまりないため、気持ち良く感じられる方を使いましょう。快感が脳に伝わることで鎮痛作用が高まります。しかしぎっくり腰のように急激に炎症が起きた時は腰を冷やすのが原則ですので、温シップは避けたほうがよいでしょう。(参考:温熱療法)

  3. 「薬物注射」
    神経ブロック療法の項目で解説しています
特徴比較
外用薬内服薬・座薬薬物注射(神経ブロック)
種類非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)麻酔薬、ステロイド系抗炎症薬
痛みを抑える効果小〜中程度中程度〜大きい大きい〜かなり大きい
主な効能・炎症を抑え痛みを和らげる
・患部を温めて血行を良くする
・炎症を抑え痛みを和らげる
・解熱作用
・神経の痛みに対する感覚を鈍くする
・神経を遮断して痛みを抑える
・運動神経を遮断して筋肉の緊張をほぐしたり血行を良くする
副作用の大きさほとんど無いか小さい中程度〜大きい麻酔薬は小さめ。ステロイド薬は大きい
主な副作用皮膚のかぶれ胃痛・胸焼けなどの胃腸障害、食欲不振 頭痛、めまい、吐き気、しびれ、脱力感、排尿障害など
長所・塗り貼りだけで済み、手軽に使える
・副作用が少なく症状も軽い
・長期間使用できる
・多くが市販されており、安価に手に入りやすい
・外用薬に比べて鎮痛効果が高く、全身に作用する(座薬は内服薬より効き目が早い)
・飲むだけなので手軽に使える
・鎮痛効果が非常に高い
・様々な痛みに効く
・異常のある神経を発見できる
短所内服薬に比べて鎮痛効果は弱く、効果は塗布した部分に限られる・副作用が比較的起こりやすい
・服用量や使用期間に注意が必要
・内服薬などに比べて手間とお金がかかる
・一部の手法は体に大きな負担がかかる

1-2.血流改善薬

血液の流れ(血流)が良くなる

血管を拡張して血流を良くする作用を持つ「プロスタグランジン製剤」という薬剤です。
主に軽度〜中程度の腰部脊柱管狭窄症の治療で用いられ、神経の血流を改善することで症状を和らげます。
腰部脊柱管狭窄症では、神経の通る脊柱管が狭くなり、神経に栄養を供給する血管も圧迫されて血液の流れが悪くなることで症状が悪化します。薬の作用によって血流量を増やし、症状を軽くします。

成分

リマプロスト、アルファデクスなど。

副作用

軽度の顔のほてり、動悸、かゆみ、頭痛、腹痛、吐き気、下痢など。出血量の増加や、重い肝臓障害が見られることもあります。子宮を収縮させる作用もあるため、妊娠中の女性は服用できません。


1-3.筋弛緩剤(きんしかんざい)

中枢神経系に働きかけて筋肉の緊張を和らげる薬です。
腰の負担が大きくなると筋肉が疲労して固くこわばり、腰の鈍い痛みや重さ、だるさ、コリなどの症状が現れます。筋弛緩薬によって筋肉の緊張をほぐすことで、こうした症状を和らげ痛みを軽くすることができます。
一般に、炎症を抑える「消炎鎮痛剤(痛み止め)」でも痛みが治まらない時に処方され、消炎鎮痛剤と併用するとより効果が上がります。

どんな症状に効果的?

筋肉痛などの腰の筋肉疲労による痛み。特に急性腰痛に効果的。

成分

クロルフェネシンカルバミン酸エステル(商品名:リンラキサーなど)、チザニジン、エペリゾンなど。

副作用

眠気、ふらつき、めまい、倦怠感・脱力感、下痢・便秘、腹痛、胃の不快感、食欲不振など。
薬の種類によっては血圧を下げる作用もあるので、血圧を下げる薬を飲んでいる人は急激な血圧低下に注意が必要です。


1-4.抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不安薬(精神安定剤)

心の病・不調に効果的

日常生活における悩みや不安、不満、痛みに対する恐怖、医療不信など、様々な精神的ストレスが原因となって腰痛を発症することがあります(心因性腰痛症)。そうした心の不調に対して効果のある薬剤です。神経痛に対して効果的なものもあります。

1.抗てんかん薬

中枢神経系に作用し、神経の障害による痛み(神経痛)を抑えます。特に突発的な激しい痛みによく効きますが、痛みを抑えるメカニズムは良く分かっていません。消炎鎮痛剤による効果が小さい場合、骨や筋肉ではなく神経に障害があると見て適応されます。プレガバリン(一般名リリカ)という薬が良く用いられます。

2.抗うつ薬

主に鬱(うつ)病の治療に用いられる薬ですが、痛み止めの効果もあります。精神的なストレスから生じる痛みや、神経への刺激による痛み(神経痛)によく効きます。
ストレス性の腰痛は、体に備わっている痛みをブロックする機能(下行性疼痛抑制系)が低下して発生します。抗うつ薬にはこの機能を活性化する働きがあります。神経の活動を抑制する作用も持つため、神経性の痛みや手術による痛みにも良く効きます。そのほか安眠効果もあります。

3.抗不安薬(精神安定剤)

不安を和らげストレスを軽減する効果のある薬です。抗うつ薬と同じく、痛みに対する恐怖や不安、うつ傾向、ストレスなどが強い患者に用いられます。精神が安定すれば、脳で痛みを抑制するシステムがきちんと働くようになり、痛みが改善します。そのほか痛みを感じる神経を鈍感にしたり、筋弛緩薬のように筋肉の緊張をほぐす働きもあります。

※抗うつ薬や抗不安薬は、効果が出てすぐに服用を止めると、より症状がひどくなる「リバウンド」が良くみられます。効果が現れ始めてから徐々に容量を減らしていき、一ヶ月ほどかけて止める必要があります。服用期間はだいたい3か月から半年程度です。



<薬が適応される順序>

腰痛の原因がはっきりしていれば症状に合った薬が処方されますが、原因がはっきりしない場合、以下の順序で処方されることが多いです。

  1. 腰痛は骨や筋肉の損傷によるものが多いため、初めにこれらに効果のある「消炎鎮痛剤」や「筋弛緩薬」が処方される
  2. 1の効果が小さければ、神経の損傷による痛みの可能性を考え、「抗てんかん薬」が処方される
  3. 2の効果が小さければ、ストレスによる痛みの可能性を考え、「抗うつ薬」や「抗不安薬」が処方される

<成分>

抗てんかん薬:カルバマゼピン、フェニトインなど
抗うつ薬:アミトリプチリン、イミプラミンなど

<副作用>

抗てんかん薬:眠気、発疹、不整脈、肝臓や腎臓の障害、光への過敏症、リンパ球の異常など
抗うつ薬:中枢神経系、循環器系、肝臓の障害、口内の乾燥、眠気、便秘など

スポンサーリンク

ページの最初へ戻る

1-5.ビタミン剤

腰痛に効くビタミン錠剤

ビタミンの中には、筋肉や神経に作用して痛みを和らげる作用を持つものがあります。

ビタミンB1、B6、B12

ビタミンB1には疲労回復効果があり、筋肉の疲れによる腰の鈍い痛み、コリや張りなどを和らげる効果が期待できます。市販薬ではアリナミンなどが有名です。
ビタミンB6やB12は神経が正常に働くために必要な物質であり、損傷した末梢神経を回復させるのに役立ちます。神経が障害されて足のしびれが見られる場合、神経の機能回復を助ける目的で、ビタミンB12のうち末梢神経への効果を高めた薬「メコバラミン(メチコバール)」がよく処方されます。処方箋なしで薬局で買うこともでき、大きな副作用もほとんどないため安心して服用できます。

ビタミンE

末梢血管を広げて血液の流れを良くします。長時間同じ姿勢を続けたりすると筋肉が固く緊張して、血行不良による腰の鈍痛やコリ、張りなどが生じます。こうした症状を改善して痛みを和らげるのに役立ちます。


1-6.漢方薬(かんぽうやく)

天然の植物を原料とした漢方薬の中には腰痛に効き目のあるものがあります。
すべての患者に効果があるわけではありませんが、腰痛の症状が比較的軽い患者や、他の鎮痛剤で効果が現れない、またはアレルギーや副作用のために一般の鎮痛剤を使用できない患者などに処方され、痛みを和らげる例があるとされています。

植物由来の漢方薬

腰痛治療に使われる漢方薬

  • 「当帰四逆加呉茱萸賞生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」
    腰痛に使用される代表的な漢方薬で、健康保険も利用できます

  • 「芍薬甘草湯(しゃくやくかんそうとう)」
    関節周囲の筋肉の痛みに効果があります。即効性があり、特に高齢者で筋肉がひきつるような痛みがある人に良く効きます。

  • 「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)」
    これらは胃腸が弱い人には向いていないので注意しましょう

1-7.その他の薬物


神経障害性疼痛治療薬

痛みを伝える神経伝達物質が過剰に放出されるのを抑えることで、痛みを軽減する薬。プレガバリン(リリカ)など。

骨粗しょう症治療薬

骨がもろくなる骨粗しょう症は腰痛の原因になります。その治療において、骨の代謝を助ける活性型ビタミンD3製剤、女性ホルモンであるエストロゲン製剤、骨からカルシウムが溶けるのを抑えるビスフォスフォネート製剤やカルシトニン製剤などが使われます。

がんの治療薬

オピオイド(トラムセット、デュロテップパッチ、ノルスパンテープなど)は、以前はがん性の痛みを抑えるために用いられる薬でしたが、最近では腰痛の鎮痛薬としても活用されています。

ページの最初へ戻る


2.神経ブロック療法

神経を麻痺させる注射

神経そのものや神経の近くに麻酔薬または鎮痛薬を注射し、神経を一時的にマヒさせる治療法です。
骨や筋肉の損傷だけでなく、神経が障害を受けて発生する痛みに対しても高い鎮痛効果があります。

体が刺激を受けた場合、痛みの情報は傷ついた箇所の神経で最初に受け取られ、背骨を通る中枢神経(脊髄)を経由し、最後に脳へと到達してはじめて痛みを感じます。神経ブロックでは、痛みを伝える神経の働きを妨げ、神経の経路を一時的に遮断する(ブロックする)ことによって痛みを感じなくします。内服薬や外用薬による痛み止めからステップアップした治療法と言えます。

主な効果

  • 痛みのシグナルを遮断することによる高い鎮痛効果
  • 麻酔薬によって感覚神経だけでなく交感神経や運動神経も遮断されるため、血管や筋肉の緊張が和らぐ
    →血行が良くなると痛みや疲労の元となる物質が排出されやすくなり、回復が早まる

※痛みを抑える効果は非常に高いですが、ほかの鎮痛剤と同じく、痛みの根本的な原因を取り除くものではありません。しかし1〜2週間に1回程度、繰り返し神経ブロック注射を行うことで、麻酔が効いていない時間帯の痛みも徐々に軽くなっていくケースが多く見られます。

こんな場合に行われる

  • 一般的な消炎鎮痛薬(痛み止め薬)を使用しても痛みが治まらなかったり、効果が良くない場合
  • 神経の損傷や圧迫による痛みが見られる場合
  • 急な激痛が見られる場合
  • 坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどで、どの神経に異常があるのかを突き止める目的で行う
行えないケース

  • 足のマヒや歩行障害、排尿・排便障害などの症状(馬尾症状)がある
  • 麻酔薬や副腎皮質ステロイド薬に対するアレルギーがある
  • 抗血液凝固薬を服用しているなど血液が凝固しにくい
  • 「糖尿病を患っている」、「免疫抑制剤を服用している」など免疫機能が低下しており細菌に感染しやすい
  • 注射針を刺す部位に皮膚病や炎症がある
副作用

  • まれに感染症や出血を引き起こしたり、神経を傷つけたり、針によって組織に炎症を起こしたりする
  • しびれ、脱力感、排尿障害、立ちくらみ、めまい、けいれん、吐き気、頭痛など

◆神経ブロック療法の種類

神経ブロック療法にはいくつかのやり方があり、症状や目的に合わせた手法が採られます。得られる効果にも違いがあります。

手法1.トリガーポイントブロック

痛みのある箇所に直接麻酔薬や鎮痛薬を注射する方法です。神経ブロックの中では最も手軽に行える方法で、通常の注射と同じように外来で簡単にでき、治療後はすぐに帰ることができます。反面、ほかの手法に比べると痛みを抑える効果はやや劣ります。効果が小さい場合は、硬膜外ブロック、神経根ブロック、交感神経ブロックへと進んでいきます。
<トリガーポイントとは>
指などで押した時に急に痛みが広がる箇所のこと。硬くこっていることが多く、痛む箇所から遠く離れた場所に見つかることもある。

手法2.硬膜外ブロック

図解:硬膜外ブロック

脳や脊髄は、周囲を「硬膜」と呼ばれる膜に包まれています。この硬膜の外側の空間に麻酔薬を注入して、痛みの強い部分の神経を麻痺させ痛みを和らげる方法です。神経根ブロックよりは鎮痛効果は低いですが、神経への血流を良くする効果もあり、障害のある神経に酸素や栄養素が多く供給されて神経の機能を回復させます。
主に椎間板ヘルニアや神経根型・混合型の脊柱管狭窄症に対して行われます。痛みがひどい場合は、入院して24時間連続して硬膜外ブロックを行うこともあります。

手法3.神経根ブロック

図解:神経根ブロック

中枢神経である脊髄からは細い神経が何本も枝分かれしており、その根本部分は「神経根」と呼ばれます。障害が発生している神経根やその周辺に麻酔薬を注入する方法です。神経を画像で確認できる造影X線撮影を行い、正確な神経の場所を確認しながら注射します。神経に直接注射を打つため瞬間的にとても痛いですが、すぐに痛みが止まります。
主に神経根の圧迫が見られる椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症に対して行われます。また、どの神経が障害されているかを調べるときにも行われます。神経根に注射針を刺したときにどの部位に痛みを感じるかを調べることで、異常のある神経根を特定することができます。

手法4.交感神経ブロック

最も鎮痛効果の高い手法です。腰椎の3番目あたりには下半身の血流をコントロールする交感神経節があります。この交感神経根をブロックすると、椎間板や椎間関節など、腰椎の全ての組織の神経がブロックされます。急性でも慢性でもあらゆる腰痛に対して効果があり、一時的に腰痛が完全に消えます。また足に流れる血液が一気に増えるため、下半身の血流が弱い患者に対しては血流回復の効果も期待できます。
このように非常に効果の高い治療法ですが、患者の体にかかる負担が大きく、また、交感神経節のある箇所が大動脈に近いことから、実施できるのが脊髄の専門家と医療機器や医療スタッフの整った病院に限られることもあり、頻繁に行われることはありません。

その他の手法

  • 関節ブロック
    関節内に麻酔薬を注入する方法です。腰の関節には、腰椎の椎骨同士の間の関節「椎間関節」や、骨盤の仙骨と腸骨の間の関節「仙腸関節」があります。
  • 末梢神経ブロック
    神経のまわりに麻酔薬を注入する方法です。坐骨神経痛を対象とする坐骨神経ブロックなどがあります。

ページの最初へ戻る


3.まとめ

薬の種類と主な用途
種類目的
消炎鎮痛剤痛み止め(骨や筋肉)
血流改善薬血行の促進
筋弛緩剤筋肉の緊張をほぐす
抗てんかん薬痛み止め(神経)
抗うつ薬うつ病の治療、痛み止め(神経)
抗不安薬不安やストレスの軽減
筋肉の緊張をほぐす
ビタミン剤 筋肉の疲労回復、神経の機能回復、血行の促進
漢方薬軽度の腰痛に対する痛み止め
神経ブロック 痛み止め(骨、筋肉、神経)、血行の促進、筋肉の緊張をほぐす
腰痛の種類と適応される薬
腰痛の種類薬剤
骨や筋肉の障害による痛み 消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、血流改善薬、抗不安薬、ビタミンB1・E、漢方薬、神経ブロック
神経の障害による痛み 抗てんかん薬、抗うつ薬、ビタミンB6・B12、神経ブロック
不安やストレスによる痛み
(慢性的な腰痛)
抗うつ薬、抗不安薬


無理に痛みを我慢したり、薬嫌いで自分で痛みをなんとかしようと頑張ってみたりすると、痛みによるストレスで症状が更に悪化する恐れがあります。痛みがひどい時は無理せず薬に頼った方が、心にも体にも良い結果をもたらします。

薬物療法は、あくまでも"今現在生じている痛みや苦痛"を和らげたり取り除いたりする治療法です。薬の効果で一時的に痛みが治まっても、腰痛の原因となっている病気や障害まで治るわけではありません。
薬で症状が楽になるからといって根本的な治療をおろそかにしないよう、薬を服用するのは症状がひどい時のみにしましょう。
※精神的なストレスが腰痛の大きな原因となっている場合は、抗うつ薬や抗不安薬などの薬の服用によって腰痛が完治するケースもあります。


関連項目


スポンサーリンク

ページの最初へ戻る

トップに戻る