子宮頸管炎で腰が痛むケース

『腰の痛み』タイトル
腰痛の症状から原因を調べる
腰痛症状フローチャート・チェックリスト
腰痛フローチャート
腰痛の原因・病名一覧 腰によくない要因・悪い習慣
サブメニューに移動
イラスト図解:腰背部の構造・骨格・筋肉

腰痛TOP > 原因一覧 > 子宮頸管炎

『子宮頸管炎』の詳細 - 症状・原因・治療法

腰痛を引き起こす可能性のある病気や障害の一つに子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)があります。
ここでは、その特徴や腰痛との関連について解説します。

スポンサーリンク

1.子宮頸管炎が疑われる症状

腰の痛みのほかに、以下の様な症状・特徴が見られる場合、子宮頸管炎が発症している可能性があります。

月経異常イメージ


  • おりものが増える(白またはやや黄色い)
  • 激しい腹痛や腰痛

子宮頸管炎になると、白または黄色っぽい"おりもの"がたくさん出るようになります。
初期は痛みや"かゆみ"はあまり見られませんが、病気が長期間続いて慢性化すると、炎症が広がって腰や下腹部が激しく痛むようになります。
また、慢性化が進むと様々な炎症性の病気を合併しやすく、それらの病気の症状も現れてきます。

◆合併症について

治療を行わずに放っておくと炎症が広がって、尿道炎、子宮内膜炎、子宮付属器炎、子宮傍結合織炎、腹膜炎などを引き起こすことがあります。また、不妊症の原因になることもあります。


  • 尿道炎
    尿を体の外に出す「尿道」に炎症がおきた状態。尿道の痛み、排尿時の痛み、尿のほかに膿(うみ)が出るなどの症状がある。

  • 子宮内膜炎
    子宮の内側をおおう膜(子宮内膜)に炎症が起きた状態。下腹部の痛みや不快感、生理以外の性器出血などがみられる。

  • 子宮付属器炎、腹膜炎
    子宮付属器炎は卵巣や卵管に炎症が起きた状態で、下腹部の痛みや発熱がみられる。炎症が骨盤腹膜内にまで広がると骨盤腹膜炎を発症し、さらに腹部全体に広がると腹膜炎となる。

2.子宮頸管炎とは? - 特徴や原因

子宮の構造
イラスト図解:子宮

子宮の出入口である「子宮頚管」において、細菌感染による炎症が発生しているものが子宮頸管炎です。

感染する細菌には、連鎖球菌、大腸菌、ブドウ球菌、クラミジアなどがあります。以前は淋菌による感染が多かったのですが、現在ではあまり見かけなくなりました。

炎症の発生原因には以下のようなものがあります。


  • 膣炎による炎症が子宮頸管にまで広がる
  • 性交時や出産時に傷口から細菌感染
  • 妊娠中絶手術時に傷口から細菌感染
  • 避妊のために子宮の中に長期間挿入しておく子宮内避妊用具(IUD)の使用

3.診断・治療・予防

◆診断

患者の尿や子宮頚管の粘膜から、膣分泌物(膣液やおりもの)を一部採取して、炎症の原因となる細菌が含まれているか顕微鏡で調べます。
検査の信頼性を高めるために、人工的に細菌を増やして検査を行います(培養検査法)。血液検査で感染の有無を調べる「抗体検査」が行われることもあります。

◆治療

原因となっている細菌の種類に合った抗菌薬(抗生物質)や抗炎症薬を使って治療します。薬は内服薬のほか直接膣内に入れることもあります。
慢性化すると薬では治りにくくなるため、炎症部分を電気やレーザーで焼いたり(高周波療法)、凍結凝固させたりします(冷凍療法)。
重症時は炎症部分を切除する手術を行うこともあります。


4.子宮頸管炎データ

【受診科】

  • 婦人科

【子宮頸管炎の原因となる病気】

  • 膣炎など

【子宮頸管炎が原因で起こる病気(合併症)】

  • 尿道炎、子宮内膜炎、子宮付属器炎、腹膜炎、不妊症、月経困難症など

【関連項目】

スポンサーリンク

ページの最初へ戻る


子宮の位置・名称
解剖図:子宮・子宮内膜・子宮筋層

女性生殖器の各部名称女性器断面図(横)
トップに戻る