腰痛の全てが分かる総合情報サイト

『腰の痛み』タイトル
腰痛の症状から原因を調べる
腰痛症状フローチャート・チェックリスト
腰痛フローチャート
腰痛の原因・病名一覧 腰によくない要因・悪い習慣
サブメニューに移動
イラスト図解:腰背部の構造・骨格・筋肉

腰痛TOP > 

メインコンテンツ概要(画面上部メニューバー)

スポンサーリンク

1.「症状」から原因を探る

腰のどの辺りが痛むのか、どんな痛み方をするのか、腰痛以外に見られる特徴的な症状などを一覧表示しています。

自分自身の症例に当てはまるものを選ぶことで、原因として考えられる病気や障害について、その詳しい内容や治療法などを調べることができます。

フローチャート(流れ図)やチェックシートを使って調べることもできます。

2.「原因」や「病名」から調べる

腰痛の原因となる病気や障害の種類は非常に多いですが、何が痛みの元となっているかによってある程度大きなカテゴリに分類することができます。各カテゴリごとにどんな病気や障害があるのか、簡単な内容説明と共に一覧表示しています。

腰痛の主な原因には、「筋肉や骨の障害」、「神経の障害」、「ストレス・不安・うつなどの精神的・心理的要因」、「内科的疾患(内臓の病気)」の4つがあります。

3.腰に良くないもの

普段の日常生活において、体に大きな負担をかけ続けたり、生活習慣の乱れや不摂生が重なると、腰痛を発症する危険性が高まります。

姿勢や動作、運動、食生活、体の冷え、加齢、病気やケガなど、腰痛の危険因子となりうるものについて、日常生活における改善のポイントなどを交えて解説しています。

痛みを予防・改善するために、普段の生活習慣を見直し、腰に優しい生活を送りましょう。

4.腰のイラスト図解

腰痛に関係のある「腰まわり、下半身、背中」の構造を、イラスト付きで図解しています。

これらの部位を構成する、骨格、筋肉、靭帯、神経などの組織の名称と位置関係、及びその主な役割を参照できます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ概要

◆なぜ痛む?


◆腰痛の種類


  • 「急性腰痛」と「慢性腰痛」
    腰痛は、痛みが続く期間の長さによって「急性」と「慢性」の大きく2種類に分けられ、痛み方や痛みの大きさに特徴が見られます。それぞれの定義、特徴、主な原因について解説します。
  • どんな姿勢をとった時に痛むか
    腰痛は特定の姿勢や動作をした時に痛みが生じたり、痛みが大きくなったりすることが多く、大きく分けて「腰を前に曲げた時に痛むタイプ」と「腰を後ろに反らせた時に痛むタイプ」、「姿勢や動作に関係なく痛むタイプ」の3つがあります。こうした違いは、腰痛の原因を探る上でも重要な情報になります。
  • 女性の腰痛
    痛みの原因となりうる"女性特有の要因"が数多く存在するため、腰痛は男性よりも女性に多いとされています。主な要因には、「身体的な特徴や生活習慣」、「女性ホルモンの変化」、「女性特有の病気」の3つがあります。
  • 子どもの腰痛
    思春期以降の10代の若者にも腰痛が現れることがあります。 その原因、種類、特徴、どういった子どもに発症しやすいのか、気をつけるべき徴候、痛みへの対処法などについて解説します。

◆受診と治療


  • 腰痛が起きた時の対応
    痛みが生じた時にすぐ病院に行くべきかどうかの判断基準、救急時の対応、医療機関の選び方、治療のポイント・注意点など。
  • 腰痛の診断法・検査法
    病院などの医療機関で行われる主な診断法・検査法について、その内容を詳しく解説します。問診、触診、血液検査、X線検査(レントゲン)、MRI、CTスキャンなど。
  • 腰痛の治療法(医療機関)
    病院などの医療機関で行われる主な治療法について、その内容を詳しく解説します。薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法、手術療法など。
  • 腰痛の治療法2(民間療法)
    整体、接骨、マッサージ、カイロプラクティック、鍼灸など、民間において腰痛の治療を行う施設やサービスがあります。こうした民間療法(代替療法)による治療効果、医療機関との違い、利用の際の注意点など。

◆腰痛対策


  • 腰にやさしい生活習慣
    腰は上半身の重みを支えつつバランスをとる役割があるため、日常生活において最も負荷がかかりやすい部位の一つです。腰痛の予防と改善のために、普段の生活において気をつけるべきポイントを解説します。
  • 腰痛に効く運動法@「ストレッチ・柔軟体操」
    筋肉や関節をゆっくりと伸ばすことで、筋肉や関節の柔軟性を高めて動きを良くしたり、血行や代謝の促進効果も得られます。ヘルニアに効果的な体操など、自宅でも手軽にできる体操法を紹介します。
  • 腰痛に効く運動法A「全身運動」
    軽めの負荷で全身を使って行う運動の中でも、ウォーキング、サイクリング、水中運動などの有酸素運動は、骨や筋肉などの組織を丈夫にするだけでなく、体力や抵抗力(免疫)、心臓・肺・血管などの心肺機能も高めて、痛みの根本的な原因の一つである”老化”を遅らせることができます。そのほか肥満やストレスの解消効果も期待できます。
  • 腰痛に効く運動法B「筋力トレーニング」
    体に一定の負荷をかけることで、筋肉、骨、靭帯などの組織を強化する運動「筋力トレーニング」。腰周りの組織を鍛えることで、腰を支え安定させる力が強くなり負担を減らせます。自宅でも手軽にできるお腹まわりや下半身のトレーニング法を紹介します。

◆その他


スポンサーリンク

ページの最初へ戻る

トップに戻る